助産師求人ランキング<助産師の総合求人情報サイト>

助産師とは

助産師とは、厚生労働大臣の免許を受け、お産等における助産行為を行うものを指します。

助産師は、主に出産の助産行為を行うものということであり、現段階日本では、この助産行為が行えるものは、医師と助産師のみとなります。 要するにお産に関わる、助産は、医師&助産師のみということで、看護師といえども助産行為はできないということなのです。

このような出産に関わる助産行為を行う助産師には、保健師助産師看護師法という法律があります。 この法律では、『助産師とは厚生労働大臣免許を受け、助産又は妊婦、じょく婦若しくは、新生児の保健指導を行う事を業とする女子』と明記され、助産師という資格を得ることには、女性の妊娠や出産に深くかかわるものという事ということを指しています。

つまりこの法律では、助産師とは、女性における出産や妊娠に深く関係するものであり、同時にその資格は女性だけが取得できるものと言われています。 助産師による助産行為とは、分娩介助の他にも臍帯切断も含まれるということですが、実際には、助産行為の範囲についての明確な範囲は記されていません。

明確な助産行為の範囲の明記はないにしろ、助産師のみで行える助産行為とは、『正常な過程を経た妊娠分娩のみ』ということは記されておりますから、正常な過程を経ていない分娩に関する助産行為は、助産師だけでは行えない事になります。 このような正常な過程を経ない出産の場合は、医師の関与が必要で助産師が単独で助産行為を行えない事になっています。

助産師とは、女性の出産に関わる重要な存在で、医師以外に唯一助産行為ができる存在となりますから、その役目は重大で、責任もその分思い職業といえるでしょう。 つまり助産師という仕事は、責任も確かに重大でありながら、その分やりがいを感じられる職業であるという事がいえます。

しかし、昨今助産師の活躍の場が減少し、それに伴い助産師の数も減っている実情があります。 この問題の背景には、出産時における医療事故やそれにまつわる訴訟の急増という事件が相次ぎ、多くの産科医院が閉鎖に追い込まれたということがあげられます。 また、そのリスクを回避するために産科を閉鎖するという事が事実全国各地で起こったおかげで、出産の場は当然少なくなりましたから、そこで活躍する助産師の活躍の場も当然、減少していったという事なのです。

こうした問題を背景に、昨今助産師の数は急激に減っていったという事が言えるのです。

助産師求人ランキング<助産師の総合求人情報サイト>

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 関東・東海・
関西
★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 関東・東海・関西
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>>助産師転職人気サイトランキング・2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2015 助産師求人ランキング All Rights Reserved.
[基本情報] 助産師とは なるには 給料 時給 業務内容 魅力 やりがい 役割 問題点 需要 不足 合格率 資格 [転職・就職活動] 募集サイト 就職活動 志望動機 辞めたい
[働き方] バイト 派遣 夜勤 [地域] 札幌 千葉 東京 大阪 福岡 [コラム] 助産師学校 国家試験 助産師会 中絶 看護師との違い 保健師との違い 法律 ナースではたらこ