助産師求人ランキング<助産師の総合求人情報サイト>

助産師は不足しているか?

助産師という職業は、現在不足しています。 不足というよりも助産師を取り巻く環境が悪すぎるということがその不足原因の一番の理由であり、助産師の資格を得たい人はたくさんいるのですが、その働く環境は助産師にとって最悪な状態だからこそ、助産師が辞める自体が発生していると言えるのです。

助産師資格を取得するための国家試験における合格率は、90%前後と非常に高く、受けた方が殆ど受かるという現状です。 しかし、実際その教育の場もことごとく減り、その勉強をする場まで少ない事から、助産師の数も減り、助産師不足が起きているといえます。

とにかく助産師が不足するのは、教育の場から、就職の場まで、助産師を取り巻く環境が悪すぎるという事が何より問題なのです。 不足だ、不足だと騒ぎながらも、実際その不足に伴う改善を何もされずに現在がある事から、助産師が増えない事も当然であると言えるのです。

看護師同様、残された助産師の労働は、相当過酷であり、その労力も想像を超えるものです。 現段階の助産師の役目とは、しかも助産師としての仕事、役目ではなく多くが、医師や看護師の補助のための存在価値しかなく、そのために助産師自体も仕事への意欲ややりがいが失いつつあるという状況なのです。 こうした事を改善し、尚且つ今以上に教育の場も増やす事が何より助産師を増やすことにつながるのですが、現状ではなにもされないまま、当然不足の状態が延々と続いていると言えるのです。

助産師の人材不足は、年々深刻化しているのですが、助産師が助産師としての役目を果たせず、教育の場もごくわずかであれば当然、助産師が増えることは考えられません。 助産師の不足を改善するには、まず助産師となる方のための教育の場を少しでも増やす事も重要ですし、助産師の働く環境の改善、本来あるべき助産師の役目を果たさせる事も重要だと思います。

助産師だけが出産に関わることで、色々な不安点もありますが、助産師という存在は女性の一生に向き合う、女性においていわば心強いパートナーであり、見方でもあります。 そんな助産師が不足すれば、女性における心強い味方が存在せず、出産、育児におけるパートナー、指導者の存在がないという事で、出産を経験する女性にとっても非常事態といえるのです。

しかし現実は、助産師が助産師として、きちんと役割を果たす事が出来ない環境でありますから、助産師不足は改善されず、助産師の需要ばかりが高まり、悪循環が続く事になりえるのです。

助産師求人ランキング<助産師の総合求人情報サイト>

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 関東・東海・
関西
★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 関東・東海・関西
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>>助産師転職人気サイトランキング・2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2015 助産師求人ランキング All Rights Reserved.
[基本情報] 助産師とは なるには 給料 時給 業務内容 魅力 やりがい 役割 問題点 需要 不足 合格率 資格 [転職・就職活動] 募集サイト 就職活動 志望動機 辞めたい
[働き方] バイト 派遣 夜勤 [地域] 札幌 千葉 東京 大阪 福岡 [コラム] 助産師学校 国家試験 助産師会 中絶 看護師との違い 保健師との違い 法律 ナースではたらこ