助産師求人ランキング<助産師の総合求人情報サイト>

助産師の合格率

助産師のおける、助産師国家試験の合格率は、およそ90%と高めの傾向にあります。 この数字から判断するのは、試験を受けた方の殆どが合格しているという数字に伺えますが、実際、助産師国家試験の合格率は、高いにせよ、その教育機関の数が少ないという問題があり、助産師が不足しているという現状は変わりません。

このような助産師としての資格を得るには、2つのルートに分かれ、ひとつは、高校卒業後に看護大学での4年間の教育を経て、助産師国家試験への受験を試みるか、看護系の専門学校または、看護系の短期大学で3年間の教育期間を経て看護師国家試験を受け、取得し、助産師養成学校へと半年もしくは1年間通い、その後に助産師国家試験に挑むという方法になります。

つまり助産師になるための資格取得には、このように2つのルートがあり、その2つのいずれかを検討し助産師試験に向けての教育をしていくことになりますが、助産師養成所は、養成所自体の数も減り、わずかしかない養成所の現実として定員が決められごくわずかの方しか養成所に入れないという現実がありますので、助産師になりたくても中には、教育機関が見つからないという方もおられるのです。

主に、養成所の定員は、成績のよい、悪いで判断される傾向にあり、意欲よりも成績を見て定員に入れるか否かが判断されているという事です。 助産師は、そもそも看護師免許を取得する事が前提で、教育期間も最短で4年という期間になりますので、薬剤師の6年に比べ短いものの、そう簡単には助産師国家試験を受ける事が出来ないという事も言えるでしょう。

ある統計によると、助産師の毎年の合格率は高く、略90%であるということですが、平成23年度の助産師合格率は、略100%に近い数字が出ています。 23年度の助産師国家試験における合格率は、全体において97%、新卒においては98%ということですから、本当に略100%であり、受けた方の殆どが合格し助産師資格を取得されています。

ただし、受験者的にみてみると、助産師国家試験における受験者は、2000人弱という人数ですから、やはり助産師人数が今後増えるという事は早い段階では難しいともいえます。 助産師となるための試験合格率は高いという事で、難易度は数字的に、高いイメージがわきませんが、実際助産師資格を得ることは、助産師国家試験を受けるまでの道のりが長く、苦労も多いという事はいえるでしょう。

結論からして言うと、助産師国家試験は、試験における対策をしておくことで略合格は間違いないと言えますが、その試験を受けるまでの過程に数々の試練があり大変だという事なのです。

助産師求人ランキング<助産師の総合求人情報サイト>

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 関東・東海・
関西
★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 関東・東海・関西
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>>助産師転職人気サイトランキング・2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2015 助産師求人ランキング All Rights Reserved.
[基本情報] 助産師とは なるには 給料 時給 業務内容 魅力 やりがい 役割 問題点 需要 不足 合格率 資格 [転職・就職活動] 募集サイト 就職活動 志望動機 辞めたい
[働き方] バイト 派遣 夜勤 [地域] 札幌 千葉 東京 大阪 福岡 [コラム] 助産師学校 国家試験 助産師会 中絶 看護師との違い 保健師との違い 法律 ナースではたらこ