助産師求人ランキング<助産師の総合求人情報サイト>

助産師の業務内容

助産師とは、出産に関わる助産行為を行うものとなります。 つまりその仕事の内容は、出産に関わり様々なサポートをするという事があげられます。

例えば、女性が出産した場合にその妊婦さんのメンタル面での相談に乗る事や、お産に立ち会い、へその緒を切ったりします。 助産師という仕事は、主にこうした女性の出産におけるサポートを行いますが、この職業は女性しかなる事ができません。 つまり男性の助産師はいないという事。

このような女性にしかなれない助産師は、その資格がなければ産科医に勤めたとしても赤ちゃんを取り上げてあげる事も出来ませんし、へその緒を切ってあげる事も出来ません。 しかし助産師という資格があれば、女性のお産におけるすべての助産行為ができることになります。

助産師の仕事は、具体的に説明するとお産の最終段階だけのサポートだけでなく、出産に向けての準備段階から業務を行います。 例えば、妊婦さんは妊娠することにより、精神的にも不安定になる場合があります。 そんな場合も助産師が妊婦さんの様々な相談に乗り、安定した気持ちで出産に望めるように保健指導等も行います。

要するに助産師は、お産におけるサポートだけでなく、赤ちゃんができたとわかった時点でその方の出産までをサポートする。 また出産後のサポートを行うのも助産師の役目でもありますから、女性の出産におけるすべてのサポートを行う事が助産師としての役目、仕事であるということなのです。

助産師は、出産におけるすべてのサポートを行う存在ですから、出産前から出産、出産後における育児相談や指導を行う事もあります。 助産師は、単にお産のサポート、相談、指導だけでなく、実は、性又は生殖に関する知識においてもスペシャリストでありますから、不妊治療に関わる問題でもサポートを行います。

つまり、不妊に関して悩みがあるという場合、助産師に相談することで、助産師は、不妊治療に関する相談にも乗ると同時に、思春期の性に関する相談も行いますので、まさに性&生殖における知識のプロなので、出産だけでなく、このような不妊にまつわるお悩みがある場合は、助産師への相談により、解決の可能性を見出すこともできるのです。

助産師は、このように性と生殖に関する知識を持つ専門家ですから、その仕事内容とは、女性の一生と向き合うための職業ともえるのです。

しかし、その仕事内容はとても、責任が重い仕事でありながら、その職業への収入は、バラつきがあり、高額と低額の差があまりにもありますので、助産師の資格を取得された際には、助産師として働く場所は慎重に選択していくべきだといえるのです。

助産師求人ランキング<助産師の総合求人情報サイト>

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 関東・東海・
関西
★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 関東・東海・関西
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>>助産師転職人気サイトランキング・2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2015 助産師求人ランキング All Rights Reserved.
[基本情報] 助産師とは なるには 給料 時給 業務内容 魅力 やりがい 役割 問題点 需要 不足 合格率 資格 [転職・就職活動] 募集サイト 就職活動 志望動機 辞めたい
[働き方] バイト 派遣 夜勤 [地域] 札幌 千葉 東京 大阪 福岡 [コラム] 助産師学校 国家試験 助産師会 中絶 看護師との違い 保健師との違い 法律 ナースではたらこ