助産師求人ランキング<助産師の総合求人情報サイト>

助産師<派遣>

基本的に助産師の派遣業務は禁止されています

しかしながら、禁止と言っても条件をクリアすることで、助産師が派遣助産師として働く事も許可されますから、その条件を確認し派遣助産師として働くか否かを検討してみましょう。 助産師における派遣の条件とは、紹介予定派遣として働くか、特定の社会福祉施設等に設けられる診療所等で働く事にあたりますから、派遣の形で助産師を行うためには紹介予定派遣として働く事になるでしょう。

そんなある一定の条件により働くことのできる派遣助産師の仕事事情はどのようになるのか?といえば、やはり助産師自体の需要が高まっているように、派遣助産師求人も非常に多くなり、その背景には常勤としての求人情報を募集しても助産師を集められない事もあるようです。 つまり医療機関が、助産師不足を懸念し、あれやこれやの作戦を立てて助産師という人材を確保するための手段の一つとして派遣助産師の求人を多数だしているということなのです。

こうしたことで助産師側も派遣助産師と働く事ができ、なおかつ家庭と仕事を両立させたいという助産師をはじめ、自分のライフスタイルを考えた仕事選びをしたい助産師には、派遣助産師の求人に人気が集まるという状況でもあります。

助産師におけるバイトや派遣業務の求人は、昨今急激に増え、中には助産師がいないために看護師が助産師の役目を果たすという病院もあるほどなので、助産師不足は医療機関では相当深刻化しているという事なのです。 もちろん看護師が助産師の役目を果たすことは違法であり、してはいけない事なのですが、それだけ医療機関では助産師不足が重大な問題である事を意味しているのです。

こうした現状を改善する意味でも、以前なら当然考えられない派遣助産師の求人、アルバイト助産師の求人が多くなり、助産師を求める場所が増えているという事で、医療機関側は何としても助産師の確保を検討しているだけに、助産師の求人を専門に扱う転職支援サービス等では、助産師の転職を全面的にサポートしバックアップしているという状況です。

そんな派遣助産師事情ですが、派遣助産師として働く場合も、ゆくゆくは直接雇用になりえるので、助産師の方の就職、転職の場合の選択肢には、アルバイト助産師としての求人、派遣助産師としての求人、いずれも該当する可能性も高いと思います。 ちなみに派遣助産師として働く場合の時給とは、最低でも1700円前後となり、最高では2500円弱となりますので、医療系の仕事でも助産師求人の収入は高額と言えるでしょう。

助産師求人ランキング<助産師の総合求人情報サイト>

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 関東・東海・
関西
★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 関東・東海・関西
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>>助産師転職人気サイトランキング・2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2015 助産師求人ランキング All Rights Reserved.
[基本情報] 助産師とは なるには 給料 時給 業務内容 魅力 やりがい 役割 問題点 需要 不足 合格率 資格 [転職・就職活動] 募集サイト 就職活動 志望動機 辞めたい
[働き方] バイト 派遣 夜勤 [地域] 札幌 千葉 東京 大阪 福岡 [コラム] 助産師学校 国家試験 助産師会 中絶 看護師との違い 保健師との違い 法律 ナースではたらこ