助産師求人ランキング<助産師の総合求人情報サイト>

保健師と助産師の違い

助産師と保健師の違いは、やはりその役割にあります。

助産師とは、妊婦における助産行為を行い、妊婦及び女性の性や生殖における教育、指導等を行っていきます。 保健師とは、国民における健康管理を行う事を役目としていますから、この『役割』に違いがあると言えるでしょう。

しかし、こう考えると、健康管理をする面では、保健師の仕事の中に助産師の役目である健康管理などが含まれていると考えられるわけですが、助産行為というものは助産師だけに限られる役割ですから、保健師その行為を行う事ができません。

ただ、助産師も保健師も実は看護師資格を取得してからの資格となるので、両者ともに看護資格がある存在という事で、いずれも看護師もできるし、保健師もできる。 また助産師もできるし、看護師もできるというように就職を検討する場合、選択肢が広がる職業だといえるでしょう。 保健師、助産師ともに、その役割は少し似ているものの、自は、その役割は大きく異なり、領域においても違いがあるということです。

どちらかと言えば、保健師資格を取得するよりも助産師資格を取得するほうが大変なイメージがあり、資格を取得するにも助産師の方が困難であるといえるでしょう。

助産師の教育を受ける養成所等の数も少ない事が、助産師になるための試練のひとつであり、教育機関が少ない上に尚且つ定員が決められているという事で、選ばれた方しか、助産師の教育を受けられないという面もあり、助産師になる事の方が、保健師を目指すより困難だといえます。 また助産師教育機関での短い(半年〜およそ1年)期間の間で習得しなければいけない教育の量がとても大量で、習得するにも大変だという事です。

更に助産師学校の入試にしても、看護試験と同じレベルとはいいつつ、入試内容は非常に細かく、看護師試験以上の問題だと言いますし、かなりの深い専門知識が必要と言えるので、助産師になるための国家試験云々よりも助産師の教育を学ぶ助産師学校へまず入学する事が第一関門で、そこに入る事が出来なければ、助産師国家試験の受験資格も得られないので、助産師の資格を得るという事は、やはり保健師の資格を得るより道が険しいといえるのです。

大体、助産師の働く環境における体制も改善されない事が多く、中には、助産師が助産師の役割をきっちりと果たせるような体制を整えている職場もありますが、助産師が助産師として働けない職場の方が多く、助産師不足を問題視するなら、助産師を取り巻く環境を早く改善すべきだと言えるのです。

助産師求人ランキング<助産師の総合求人情報サイト>

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 関東・東海・
関西
★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 関東・東海・関西
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>>助産師転職人気サイトランキング・2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2015 助産師求人ランキング All Rights Reserved.
[基本情報] 助産師とは なるには 給料 時給 業務内容 魅力 やりがい 役割 問題点 需要 不足 合格率 資格 [転職・就職活動] 募集サイト 就職活動 志望動機 辞めたい
[働き方] バイト 派遣 夜勤 [地域] 札幌 千葉 東京 大阪 福岡 [コラム] 助産師学校 国家試験 助産師会 中絶 看護師との違い 保健師との違い 法律 ナースではたらこ