助産師求人ランキング<助産師の総合求人情報サイト>

助産師の給料を時給に直すと?

助産師の収入は、比較的高めであり、年収平均はおよそ500万円ということです。 ただし、中には平均以下の助産師もおり、平均以上の助産師もおりますから、助産師といえども、その働く場所によりその収入の差には、バラつきがあるようです。

多い方では、およそ800万円という年収になる助産師もおりますし、逆に400万円前後という助産師もいるので、働く場所により結構な差額がある職業とも言えるでしょう。 ただやはりベテランとなる年数が長い助産師は、公立病院等で働くことで公務員という事ですから、年数が長いほど収入がそれに伴うということになります。

そんな助産師の収入を時給にしてみると、平均2000円前後といえるでしょう。 もちろん、この時給も助産師それぞれにより異なり、安い方で1600円前後となり、高い方では2500円前後となりますから、高い、低いで考えれば1000円前後に開きがあります。 つまり助産師の収入は、勤務先をしっかりと働く際に選択しなければ、収入にも大きな差が出てしまうといえるでしょう。

働いた分、それに見合う収入を得るためには、助産師の資格を得て就職先を検討する際に慎重に検討すべきであるという事もいえます。 主に年数に伴い収入も高まる勤務先は公立病院等で、公務員として助産師も働くことになれば収入は経験と共にUPすると考えられます。

しかしながら、助産師は、お産に関わる助産行為を行う存在として、その役目は重大で責任も重く、やりがいもある半面、相当労力を強いられる職業ですから、それに伴う収入か?と考えると、高いとも、低いとも言えないのが現実ですし、中には低すぎるという助産師もいるので、労力、責任に比例して、すべての助産師が収入を得ているかは疑問です。

当然、普通の会社員などと比較する上では、年収等も高いかもしれませんが、医療事故が起きた等という場合、責任追及も医師同様になされますから、そうした事も含め実際は、まだまだ助産師の収入も低い方だと感じます。 助産師は、出産等に関わる助産行為が医師以外にできる存在として唯一の存在ですから、そうした責任、労力に見合う収入を得られることが一番ですが、現実には、助産師が働く場所によりその収入の額というものには大きな違いが出てきますから、助産師の資格を得た後の就職先はよく比較し、検討すべきだと言えるのです。

年収800万円を得る助産師もおり、年収400万円前後の助産師もいます。 この差はどう考えても開き過ぎで、その役目、責任に伴う収入を得るためにも助産師の資格を持つ方は、就職活動又は転職する際には、働く場所を慎重に選択すべきなのです。

助産師求人ランキング<助産師の総合求人情報サイト>

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 関東・東海・
関西
★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 関東・東海・関西
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>>助産師転職人気サイトランキング・2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2015 助産師求人ランキング All Rights Reserved.
[基本情報] 助産師とは なるには 給料 時給 業務内容 魅力 やりがい 役割 問題点 需要 不足 合格率 資格 [転職・就職活動] 募集サイト 就職活動 志望動機 辞めたい
[働き方] バイト 派遣 夜勤 [地域] 札幌 千葉 東京 大阪 福岡 [コラム] 助産師学校 国家試験 助産師会 中絶 看護師との違い 保健師との違い 法律 ナースではたらこ