助産師求人ランキング<助産師の総合求人情報サイト>

助産師の需要

助産師における需要は、現段階で非常に高いと言われています。 しかし、助産師の多くが仕事へのやりがいのなさに不満を漏らしている。 実際、医療における現場では、助産師が必要とされているにもかかわらず、実際その現場に存在する助産師は、本来の役目が果たせない事が不満の原因です。

つまり助産師の需要は高く、出産における環境において、その存在は必要とされているが、実際はその労働環境が非常によくないことが助産師不足の原因でもあります。 環境が悪い事の理由には、収入の低さ、仕事内容等多々ありますが、殆どが医師や看護師の補助的な存在となってしまい、助産師としての地位を確立できない事があげられます。

多くの助産師の証言の中には、仕事内容は出産の相談、指導、性又は生殖に関する指導等ではなく、殆どが雑用だといいますから、全く助産師としての役目ではない事をさせられています。 個人的に知る、医療機関に存在する助産師も当然医師や看護師の補佐的な役目だけに存在し、本来の女性の一生と向き合うような役回りを果たせないでいる助産師が存在しています。

このような助産師を環境の向かえる悪さが、当然助産師不足を起こし、最悪な場合は助産師の存在をなくしてしまうおそれもあります。 また、助産師が略存在しない場で任務を果たす助産師の労働は考えられないほどに過酷で負担も相当大きくなっています。 この事から、助産師の働く環境を改善すべきなのですが、助産師を取り巻く環境自体が一向に改善しない事も助産師不足の原因であると言えるのです。

助産師の需要は高まる。 しかし助産師の不足は改善しない、という悪循環が延々と続いているというのが昨今の助産師事情といえるのです。 助産師は、助産師としての役割を果たして、ようやく助産師としてのやりがいを持てることになりますが、その役割すら出来ずに医師や看護師の補佐的存在なら、助産師として教育を学び、国家試験を受けその資格を取得した意味もなくなります。

こうした問題を背景に、助産師不足は昨今でも、少しも改善されずにいる。 その環境の改善を検討しようという働きも見かけられないといえるのです。

様々な事情により過酷な労働を強いられる助産師の中には、休む暇なく働き、尚且つ本来の助産師任務を果たせない上に、尚且つ睡眠時間もままならないという助産師も実際存在します。 またその事が原因で助産師が勤務中に居眠りをしている等と評判が落ちるというような病院もあるという事ですから、助産師が本来すべき任務が果たせるような働く環境の改善を検討すべきと言えるのです。

助産師求人ランキング<助産師の総合求人情報サイト>

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 関東・東海・
関西
★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 関東・東海・関西
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>>助産師転職人気サイトランキング・2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2015 助産師求人ランキング All Rights Reserved.
[基本情報] 助産師とは なるには 給料 時給 業務内容 魅力 やりがい 役割 問題点 需要 不足 合格率 資格 [転職・就職活動] 募集サイト 就職活動 志望動機 辞めたい
[働き方] バイト 派遣 夜勤 [地域] 札幌 千葉 東京 大阪 福岡 [コラム] 助産師学校 国家試験 助産師会 中絶 看護師との違い 保健師との違い 法律 ナースではたらこ