助産師求人ランキング<助産師の総合求人情報サイト>

看護師と助産師の違い

看護師と助産師の違い、やはりそこには患者に対する役割の違いがあげられます。 看護師は、病気もしくは怪我をされた患者さんのための看護を行います。 もちろん、身の回りのお世話をはじめとして、介助も行いますが、助産師は、妊婦さんにおける出産の助産行為を行うのが役目ですから、看護師、助産師の違いはそれぞれの役割の違いです。

助産師の資格を得るためには、看護師の資格を取得していますから、助産師は看護師の行為を行う事は出来ますが、看護師は、助産師国家資格を得ていなければ助産行為を行うことはできません。 ここでもわかるように、看護師と助産師の違いは、看護師は助産行為ができないが、助産師は看護行為ができるという面でも違いがあるわけです。

これは、助産師になるための教育課程にあり、助産師はそもそも看護大学等へ入学し、看護資格を取得する必要があり、その資格を取得した上で、ようやく助産師養成所等で入学し、助産師の教育を学んでいく流れとなりますから、助産師のみなさんは、すべての方が看護師資格を取得され、その後改めて助産師教育のための教育機関で学習していることから、看護師資格は既に得ており、助産師の仕事も看護師の仕事も自分次第でどちらの職業も選べるという事なのです。

ただし、看護師は、看護師資格しか得ていない場合、看護業務しか行えず、助産行為を行う事は出来ない事になっています。 助産師が、働く場所としては、病院をはじめとして、助産院や学校と考えられますし、看護師も病院をはじめとする、副施設や企業、学校、保健所等様々な場所があります。

考え方によっては、目指すところが看護師であるならば、助産師はいつでも看護師として働く事ができますから、看護師の資格を取得し、助産師の資格も取得されている助産師さんは、自分の色々な可能性を広げられることにもつながると思います。

看護師、助産師における最大の違いは、やはり看護師は助産行為が行えないが、助産師は、看護行為が行え、看護師として働く事も可能だという事です。 ちなみに看護師の資格があり、助産師を目指す場合は、助産師としての教育を学び、その教育期間を卒業しなければいけませんが、助産師養成所は年齢層も幅広く、20代〜40代、50代の女性もおられるという事ですが、そこにおける助産教育は、相当過酷でかなりの努力が強いられることは心得て挑戦すべきです。

看護師、助産師どちらも命に携わる、素晴らしい職業ですが、いずれもその資格を取得するには、たくさんの試練があるのです。

助産師求人ランキング<助産師の総合求人情報サイト>

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 関東・東海・
関西
★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 関東・東海・関西
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>>助産師転職人気サイトランキング・2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2015 助産師求人ランキング All Rights Reserved.
[基本情報] 助産師とは なるには 給料 時給 業務内容 魅力 やりがい 役割 問題点 需要 不足 合格率 資格 [転職・就職活動] 募集サイト 就職活動 志望動機 辞めたい
[働き方] バイト 派遣 夜勤 [地域] 札幌 千葉 東京 大阪 福岡 [コラム] 助産師学校 国家試験 助産師会 中絶 看護師との違い 保健師との違い 法律 ナースではたらこ