助産師求人ランキング<助産師の総合求人情報サイト>

助産師に関する法律

助産師に関する法律とは、保健師助産師看護師法というもので、通常、保助看法と呼ばれています。 つまりこの法律は、保健師、助産師、看護師すべてに当てはまる法律の事となります。

この保健師助産師看護師法の中にある内容には、保健師や助産師又は看護師の脂質を向上する。 また医療や公衆衛生の普及向上を図るという事が目的と記されています。

更にこの法律は、2006年に改正され、免許を取得する際の条件や類似名称使用制限等、いくつかの点が改正されています。 要するに、こうした医療従事者が取得する資格は、時代と共に、時代の流れに沿った内容に改正されるので、保健師、助産師、看護師資格がある方は、それぞれの資格に関する法律に時には目を通す事も必要と言えます。

保健師助産師看護師法という法律における内容とは、5章に分かれているものですが、総則、免許、試験、業務、雑則、罰則というものに分かれています。 この内容は、保健師並びに助産師、看護師すべての資格においてあてはまる内容なのですが、免許内容に関しては、それぞれの資格により内容は異なります。

ようするに免許&資格において、看護師は看護資格がある事で看護師職ができますが、保健師並びに助産師は、看護師の資格を得てから、保健師、助産師を目指すこととなり、看護師国家試験を受け、合格した後に、保健師教育を学び保健師を目指すか、助産師教育を学び助産師を目指すかという事が内容の異なる部分だと思います。

いずれも保健師、助産師を目指されている方は、お分かりの内容だと思いますが、看護資格を得て、助産師資格を得る、または保健師資格を得ることは、将来的に、自分の可能性を広げることにつながり、その活躍の場も広がりますので、素晴らしい事だと思います。 中には、看護師の方が保健師、助産師を目指し、助産師学校での教育を検討される看護師さんもおられますから、それだけ、保健師、助産師はやりがいを感じる事が出来る資格と言えるのです。

助産師に関する法律とは、保健師助産師看護師法があげられますが、この法律は助産師が助産師としての役割を果たし、その資格における向上等を目的とする法律であると言えるでしょう。 また助産師は、その資格を得るためには、厚生労働大臣の免許を受けること。 また助産及び、妊婦、じょく婦若しくは新生児の保健指導を行う事を業とするものと規定されていますから、助産師はこれらをきちんと認識し、助産師としての役割を果たさなければいけません。

助産師求人ランキング<助産師の総合求人情報サイト>

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 関東・東海・
関西
★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 関東・東海・関西
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>>助産師転職人気サイトランキング・2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2015 助産師求人ランキング All Rights Reserved.
[基本情報] 助産師とは なるには 給料 時給 業務内容 魅力 やりがい 役割 問題点 需要 不足 合格率 資格 [転職・就職活動] 募集サイト 就職活動 志望動機 辞めたい
[働き方] バイト 派遣 夜勤 [地域] 札幌 千葉 東京 大阪 福岡 [コラム] 助産師学校 国家試験 助産師会 中絶 看護師との違い 保健師との違い 法律 ナースではたらこ