助産師求人ランキング<助産師の総合求人情報サイト>

助産師の問題点

助産師における現段階での問題点とは、ズバリ、仕事へのやりがいを感じられない環境に存在するという事。 その意味とは、助産師とは、本来女性の一緒と向き合う事が役目であり、思春期における相談、指導はもとより、出産、出産後に至るまで、助産師の役目とされています。

もちろん出産後における育児の指導、相談を受ける事も助産師の仕事であり、尚且つ更年期における女性の相談、指導も助産師の役目なのです。 つまり女性が生きる上で、とても心強いパートナーである上に、様々なサポートをしてくれる役目と言えるのが助産師の本当の役目でありながら、実際は医師又は看護師の補佐的な役割が多く、本来の助産師としての活躍の場がないことがやりがいのなさにつながっています。

現在の医療機関を見ても、助産師の数が少ない事は、すでにみなさんもご存じのとおりで、活躍の場がどんどん減り、助産師自体の数も減りました。 そんな中、助産師が活躍できる環境がとにかく少なく、それにより医療機関に存在する助産師は、本当の役目とは異なる役回りにある事から、不満を漏らす助産師が増えているということなのです。

助産師の収入は、平均年収500万円と、女性の職業としては高く、収入面では比較的満足できる収入ではないかと言えますが、実際その仕事自体がやりがいのない毎日なら、当然意欲を失い、給料よりも退職したほうがいいと考える助産師も多いのです。 実際、個人的に知る助産師の役割とは、医師や看護師の補佐的な役目であり、本来の助産師業務とは大幅に異なり、雑用ばかりを行う毎日だと言います。

もちろん仕事をする上で収入は大切ですが、やはり仕事とは、収入だけでなく、やりがい、意欲を失っては当然続ける気力もなくなりますし、本来やるべき事を阻まれるのは、当然その仕事に対しての気力さえ失う事となります。 こうした助産師における、本来の役割が行えない環境が非常に多く、その事が原因により助産師としての道をおりてしまう方も多いという事が、助産師による問題点だと思います。

何より、助産師における問題点とは、助産師を取り巻く環境がよくない、よくならない事にあり、尚且つその状況がいっこうに改善されない事にあると思います。 要するに、労働環境がよくないということが助産師における一番の問題点であり、それにより、ただでさえ少ない助産師の数が減る一方だということなのです。

色々な問題により産科医院が閉鎖され、尚且つ助産師も減り、こうした現状に至るわけですが、助産師は本来するべき役割を果たせるような環境への改善を今一度検討すべき状態であると言えるのです。

助産師求人ランキング<助産師の総合求人情報サイト>

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 関東・東海・
関西
★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 関東・東海・関西
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>>助産師転職人気サイトランキング・2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2015 助産師求人ランキング All Rights Reserved.
[基本情報] 助産師とは なるには 給料 時給 業務内容 魅力 やりがい 役割 問題点 需要 不足 合格率 資格 [転職・就職活動] 募集サイト 就職活動 志望動機 辞めたい
[働き方] バイト 派遣 夜勤 [地域] 札幌 千葉 東京 大阪 福岡 [コラム] 助産師学校 国家試験 助産師会 中絶 看護師との違い 保健師との違い 法律 ナースではたらこ