助産師求人ランキング<助産師の総合求人情報サイト>

助産師学校について

助産師になりたい、助産師を目指したいという場合は、何より看護資格を取得する必要があります。 仮に看護資格を取得したとしても、その後すぐに助産師国家試験を受けられるわけでなく、助産師養成所等で助産師教育を学ばなければいけません。

ちなみに、助産師学校の入試レベルは、看護国家試験レベルと言われているのですが、助産師教育を学ぶ教育期間には、定員が決められており、その定員に入る事が何より重要です。 またその定員には、成績が優秀な方が選ばれるという話でもありますから、実力をつけていない事には、難しいものと考えられるでしょう。 また、看護試験レベルといえども、実際は、看護試験以上の問題がだされ、入試内容も非常に細かく、深い専門知識が要することになります。

医学、看護と内容の他にも、公衆衛生等の分野も要求されることとなりますから、助産師を目指すための助産師学校試験に備えるのであれば、医療における広い視野に立ち、尚且つ社会に関心持つ事や効率のよい学習方法で総合的な学力を要する必要があり、習得しておく必要があります。

そんな助産師のための教育機関は、実際その機関の数も少ないのが実情で、尚且つ定員制により定員に入れない場合は、教育を受ける事ができませんから、助産師国家試験の試験内容のハードルが高い云々よりも、実はこの助産師養成所というような助産師の教育を学ぶための学校に入る事が難しいともいえるのです。

助産師学校、つまり養成所等ですが、実際のところ各都道府県に1箇所あるか、2箇所あるかという程度ですから、その数も相当少なく、肝心の定員数もおよそ数十名という難関ですから、助産師になりたくてもその学校へ入学できないという助産師予備軍の存在も多い事になります。

助産師自体、平成23年度における受験者が、2000人ほどですから、この数字を見ていただくとわかるとおり、受験を受け、受かる方はおよそ90%と殆ど受かっているのに対し、その受験者が少ないという事はいうまでもありません。 通常国家試験を受けるという方は、程何万人単位になりますが、助産師は圧倒的にその数が少ないということなのです。

そこには、やはりこのような助産師の教育期間が足りていない事もあげられ、尚且つ定員制ということで、殆どの方が入学できずにいることもあげられるのです。 実際そんな、狭き門を突破された、助産師の方は、勉強量においても相当過酷だったということです。

助産師求人ランキング<助産師の総合求人情報サイト>

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 関東・東海・
関西
★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 関東・東海・関西
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>>助産師転職人気サイトランキング・2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2015 助産師求人ランキング All Rights Reserved.
[基本情報] 助産師とは なるには 給料 時給 業務内容 魅力 やりがい 役割 問題点 需要 不足 合格率 資格 [転職・就職活動] 募集サイト 就職活動 志望動機 辞めたい
[働き方] バイト 派遣 夜勤 [地域] 札幌 千葉 東京 大阪 福岡 [コラム] 助産師学校 国家試験 助産師会 中絶 看護師との違い 保健師との違い 法律 ナースではたらこ