助産師求人ランキング<助産師の総合求人情報サイト>

助産師になるには

助産師になるためには、いくつかの選択肢があります。

助産師国家試験における試験は、年に1度2月に実施されることとなりますが、その合格率は、なんと90%ということで、試験を受けられた殆どの方が合格をしているということになります。 そんな、合格率が高い助産師とは、誰でも簡単になれる?と思いがちですが、実は、助産師になるためには、国家試験よりも助産師養成所に入学するという方がかなり難しいとされています。

つまり薬剤師もそうですが、国家試験による合格率は高いが、それまでの過程が厳しいというように、助産師も国家試験に至るまでが相当厳しいという事が言えるようです。

現段階における助産師養成所は、全国でも廃校が相次ぎ、尚且つ短大の4年制大学への移行が増加したため、昨今の助産師教育は、大学院でしか学べないという大学もたくさん出ています。 更に、4年制の看護大学には、助産過程を設けている大学もありつつ、その数が限られるという現実があります。

また、法律が改正された事によって、今後の大学教育では、4年間で看護師や保健師、助産師の3資格を取得するのは難しくなるという事なのです。 つまり、今後は徐々に助産課程を大学院で取得できるようなかたちに移行していくものということがいえるでしょう。

このような問題から、助産師になりたい、助祭師を目指すという方が、大学を選んだとしても実際は、定員に入る事が出来ないと、助産師としての教育を受ける事が出来ないという事なのです。 定員により助産師教育を受けられるか、受けられないかが、決められるわけですが、その基準は、主に学力で決められる傾向にあります。

つまり、助産師になりたい気持ち、意欲が非常に強くても、その意欲が学力の程度に伴わないとなると、定員には入れない可能性は大きいという事なのです。 こうした事から、助産師は、助産師国家試験に合格するというより、その教育を学べるかが一番大きいな問題で、その道は厳しいという事が言えるでしょう。

これらの事を踏まえ、助産師としての教育を受けたいという方は、高校卒業後、看護大学での教育を4年間行い、助産師国家試験に挑む事とするか、中学を卒業と同時に高等学校の衛生看護科を経て准看護試験を受け、看護大学へ尚且つ進学し、更に看護師国家試験を受け、さらに正看護師を目指し、そこからまた、助産師養成所での教育を受けて助産師国家試験を受けるような流れを検討するしかありません。

いずれにしても助産師とは、粉菓子券自体の合格率は高いにせよ、相当その道は険しいものとなりえます。

助産師求人ランキング<助産師の総合求人情報サイト>

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 関東・東海・
関西
★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 関東・東海・関西
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>>助産師転職人気サイトランキング・2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2015 助産師求人ランキング All Rights Reserved.
[基本情報] 助産師とは なるには 給料 時給 業務内容 魅力 やりがい 役割 問題点 需要 不足 合格率 資格 [転職・就職活動] 募集サイト 就職活動 志望動機 辞めたい
[働き方] バイト 派遣 夜勤 [地域] 札幌 千葉 東京 大阪 福岡 [コラム] 助産師学校 国家試験 助産師会 中絶 看護師との違い 保健師との違い 法律 ナースではたらこ