助産師求人ランキング<助産師の総合求人情報サイト>

助産師<夜勤>

助産師における就職事情は、助産師不足により需要が高まる事から、比較的好条件で高待遇の助産師求人も多いようです。 そのため、バイト助産師を雇う医療機関も増え、派遣助産師を雇う医療機関も年々増えていますが、いずれにしても平成23年度による助産師受験者数を見てもわかるように助産師が一気に増えてくる事はなさそうです。

ちなみに、平成23年度における助産師国家試験の受験者は、およそ2000人。 またそこから合格され、助産師の資格を取得された方はおよそ90%となり、試験を受けた方の殆どが資格を得ている事は明白ですが、実際受験者数自体が低いですから、しばらくは、助産師不足は改善されないということになります。

そんな助産師の求人には、通常の勤務を行いながら夜勤がある求人と夜勤だけを専門に募集している求人もあります。 もちろん、助産師は出産における助産行為を行う存在なので、お産がいつ始まるかはわかりませんから、夜勤があっても当然でしょう。

そんな夜勤の助産師業務は、当然夜勤手当が付きますので、助産師さんの中には夜勤業務専門に働く助産師さんもいるようです。 基本的に、夜勤業務は、助産師さんにおいても同じ医療機関に携わる看護師さんにとっても好まれない勤務体系ですが、中には夜勤だけを専門に行い、夢や目的を果たすために夜勤助産師として働く助産師さんもいます。

夜勤専門で助産師業務を行う事には、なんとなく抵抗がある助産師さんも多いようですが、基本的に常勤においても助産師業務には夜勤があるので、さほど通常の助産師業務と変わらないという事です。 夜は夜なりのリズムがありますから、夜勤専門の助産師業務はした事がない助産師さんも無理なく仕事ができるようになっています。

一番の夜勤助産師におけるメリットは、やはり収入で、夜勤手当が付く上に、助産師自体が不足しているためか高収入が期待できます。 一般助産師におけるバイトや派遣助産師の時給でも1700から2700円と差がありますが、高めの収入です。 つまり、夜勤専門の助産師として働けば、当然夜勤の時給は高いですから、時給2700円+夜勤手当がついて、時給にすると3000円超える事もあるということなのです。

もちろん、助産師という仕事のメリットは、金銭面だけでなく、その仕事内容そのものだとは思いますが、助産師として転職や就職を検討される場合は、やはり自分が望む収入、待遇等もよく考え、やりがいある助産師という仕事をする事がベストではないでしょうか。

助産師求人ランキング<助産師の総合求人情報サイト>

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 関東・東海・
関西
★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 関東・東海・関西
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>>助産師転職人気サイトランキング・2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2015 助産師求人ランキング All Rights Reserved.
[基本情報] 助産師とは なるには 給料 時給 業務内容 魅力 やりがい 役割 問題点 需要 不足 合格率 資格 [転職・就職活動] 募集サイト 就職活動 志望動機 辞めたい
[働き方] バイト 派遣 夜勤 [地域] 札幌 千葉 東京 大阪 福岡 [コラム] 助産師学校 国家試験 助産師会 中絶 看護師との違い 保健師との違い 法律 ナースではたらこ