助産師求人ランキング<助産師の総合求人情報サイト>

助産師の役割

助産師の役割とは、単に出産時のサポートをするだけではありません。 例えば、思春期における性にまつわる相談や指導、要するに健康管理や子供の成長に合わせた生活全般へのアドバイスも助産師の任務となり、尚且つ中高生における正しい避妊方法等の指導も行います。

また成人に対する助産師の役目とは、結婚後の家族計画、妊娠に関する指導を行いますし、もちろん妊娠診断を行う事が助産師としての役目となります。 つまり単に出産の助産行為を行うだけでなく、思春期における育児相談、成人の方々が悩む結婚、出産に至る相談、指導も助産師の役目と言えますから、多くの方が、助産師は助産を行うために存在すると思われているのですが、正式には、助産師とは、もちろん出産の助産行為を行う存在として、その任務も行う反面、「性又は、生殖における知識はスペシャリスト」であることから、女性の人生と向き合う大切な存在ともいえるのです。

助産師における妊婦への役目とは、定期診断を含め、妊婦及び夫への教育、指導も行い、出産への知識、栄養指導、生活方法に至るまでアドバイスを行い、妊娠の出産計画におけるヒアリングをはじめとして、信頼関係の構築まで行うのが役目となります。

更に出産期における妊婦への役目には、正常な分娩ができるための介助を行い、妊婦の精神的な安定を助ける事も役目となり、産後における助産師の役目は、胎盤処理を行う事はもちろん、母乳指導も行い、退院後の生活指導も行います。 退院後の指導としては、赤ちゃんの抱き方やお風呂の入れ方等、様々な指導を行い、さらに的健診による、赤ちゃんの体重の増え方、黄疸の有無、母乳に至るまでをチェックし、指導する事が役目となります。

もちろん育児における、離乳や断乳指導も助産師の役目であり、このように出産だけでなく、女性の性、生殖における様々な助け、指導、教育を行うのが助産師の役目であるという事なのです。 しかし、昨今、助産師の活躍の場が減ったことにより、助産師の数が激減し、地域によっては、このような様々な任務を果たす助産師の姿を見かける事がないという方も存在すると思いますが、助産師とは、本来女性の一生と向き合う重要な存在であるのです。

助産師の役目は、思春期、成人、妊婦、産婦、褥婦、更年期に至るまでの女性の人生における大切なパートナーであり、心強い味方でもあり、それが、そもそもの助産師における役割でもあるのです。

助産師求人ランキング<助産師の総合求人情報サイト>

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 関東・東海・
関西
★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 関東・東海・関西
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>>助産師転職人気サイトランキング・2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2015 助産師求人ランキング All Rights Reserved.
[基本情報] 助産師とは なるには 給料 時給 業務内容 魅力 やりがい 役割 問題点 需要 不足 合格率 資格 [転職・就職活動] 募集サイト 就職活動 志望動機 辞めたい
[働き方] バイト 派遣 夜勤 [地域] 札幌 千葉 東京 大阪 福岡 [コラム] 助産師学校 国家試験 助産師会 中絶 看護師との違い 保健師との違い 法律 ナースではたらこ