助産師求人ランキング<助産師の総合求人情報サイト>

助産師を辞めたい時

助産師が、助産師を辞めようと考える時の理由には、様々な理由があります。

例えば、助産師としての役割が果たせない事が、第一にありますし、収入面の低さの問題も辞める理由にあがっています。 更に中には、仕事への不満、責任の重さに耐えられない等、助産師さんそれぞれに辞める理由は異なりますが、辞めたいと考える事が多々あるようです。

助産師が辞めたいと考える時というのは、その理由の殆どが仕事への不満等による理由が多いです。

このような助産師の辞めたい理由は、色々とありますが、一番多く見受けられるのは、以前よく取りざたされていた出産における医療事故について。 この事件を背景に、助産師が仕事に対しての不安も大きくなり、責任の重さに耐えられないという助産師が増え、そこから助産師の数が急激に減ったという事。 もちろんこの事件をきっかけに、全国で産科医院も激減しましたが、こうしたことで、現在の助産師不足と言われる状況に至っているわけです。

助産師を辞めたい時は、まさにこの時期のように責任をすべて助産師に押しつけられるというような状況の時や、責任が重すぎることにより助産師としてやっていく事がきつくなってしまったという事なのです。

助産師さんが助産師を辞める時には、もちろん他にも自分の助産師としての役目を果たせず、仕事内容は医師や看護師の補佐的役割という状況における不満や人間関係のストレスにより助産師を辞める方も非常に多いです。

助産師の多くが辞めたいと感じ辞めている一方で、助産師の需要は高まっていますから、助産師の取り巻く環境の改善をしなければ、助産師不足は全く改善されませんが、現段階の助産師を取り巻く環境は、以前助産師不足を加速するものであり、増やすものではないという事も確かです。

色々な事情により、助産師は、助産師を辞めようと考えて辞めてしまった助産師さんも実際、多いのですが、多くの場合、数年後に医療の現場へ復帰され、改めて考えた時に、『なぜあの時辞めてしまったのか?』と後悔する助産師さんも多いと言います。 またその辞職の背景には、様々な重圧やプレッシャー、ストレスがありますが、そうしたものを受けているうちに助産師としての役割が分からなくなってしまう事がその時の辞める理由となったのだと言います。

助産師を求める女性も多い反面、やはり助産師による出産が不安という女性もいますが、助産師は女性の一生と向き合える立派な職業であり、女性にはなくてはならない存在ともいえる職業なので、助産師のみなさんは、是非助産師として仕事をする上で、様々な試練はると思いますが、頑張っていただきたいと思います。

助産師求人ランキング<助産師の総合求人情報サイト>

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 関東・東海・
関西
★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 関東・東海・関西
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>>助産師転職人気サイトランキング・2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2015 助産師求人ランキング All Rights Reserved.
[基本情報] 助産師とは なるには 給料 時給 業務内容 魅力 やりがい 役割 問題点 需要 不足 合格率 資格 [転職・就職活動] 募集サイト 就職活動 志望動機 辞めたい
[働き方] バイト 派遣 夜勤 [地域] 札幌 千葉 東京 大阪 福岡 [コラム] 助産師学校 国家試験 助産師会 中絶 看護師との違い 保健師との違い 法律 ナースではたらこ